身近な自然から地球規模の問題や社会との関わりまで,
気象学を駆使して地球環境の様々な課題を研究します!


気象研究ノート「北半球寒冷圏陸域の気候・環境変動」が発刊されました。



News
過去のニュースはこちら, HOMEへ戻る

2018.10.01 [お知らせ] 研究生の于嬌さん、栗世学さん、高宇さんが研究室メンバーに加わりました。

2018.09.25 [お知らせ] 環境起学専攻修士課程2年Ahsanさんが修了しました。学位記授与式後の写真はこちらです。

2018.09.11 [お知らせ] 9月6日未明、北海道胆振地方で強い地震が発生し、胆振地方中東部でマグニチュード6.7を観測しました。
被害を受けられた被災者の皆様方に、心よりお見舞い申し上げます。
私ども研究室のメンバーは全員無事です。
みなさまの温かいお心遣いに心よりお礼申し上げます。

2018.08.30 [お知らせ] NHKカルチャー「夜カル」において講義を行います。
テーマは「災害をもたらす気象メカニズムと最新の予報技術」です。毎週火曜19:00〜20:30開催で、10月16日スタートです。

2018.08.27 [研究] 田村健太さんが、大槌シンポジウム 2018研究集会「基本場と擾乱から見た大気-海洋-陸面の相互作用」において、研究成果「北海道西岸沖におけるPolar Low発生時の環境場の特徴と山脈の効果」を発表しました。

2018.08.03 [活動] Ahsanさんの修論発表の打ち上げと澤柳さんの歓迎会を北大「緑のビアガーデン」で行いました。修士2年のAhsanさん、お疲れさまでした! 当日の写真はこちらです。

2018.07.27 [研究] Enkhbat ERDENEBATさんの研究成果「Role of soil moisture-atmosphere feedback during high temperature events in 2002 over Northeast Eurasia」が、Progress in Earth and Planetary Scienceに掲載されました。

2018.07.23 [お知らせ] 地球圏科学専攻の澤柳元春さん(修士1年)が研究室メンバーに加わりました。

2018.06.08 [研究] 中村哲さんが、AOGS 15th Annual Meetingにおいて、研究成果「On the Atmospheric Response Experiment to a Blue Arctic Ocean」を発表しました。

2018.05.24 [研究] 中村哲さんが、日本地球惑星科学連合2018年大会(JpGU2018)において、研究成果「On the atmospheric response experiment to a Blue Arctic Ocean」を発表しました。

2018.05.22 [活動] 6月2日(土)・3日(日)の二日間、 2018年「知っておきたい環境科学」(北大祭学院企画)で、「触れずに温度を測る赤外線カメラで街や自然の温度を調べよう」の展示を行います。ぜひお越しください。

2018.05.18 [研究] 日本気象学会2018年度春季大会において、研究成果を発表しました。
  • 佐藤友徳「ユーラシア大陸北部における夏季気温偏差場の予測可能性に対する陸面の寄与」
  • 初塚大輔「d4PDFにおける月降水量極値の再現性と将来変化の不確実性に関する検証」
  • 松下侑未「d4PDF将来4℃上昇実験の各SSTパターンに対する台風通過頻度の将来変化に関する要因解析」

2018.05.11 [研究] 2018年度日本雪氷学会北海道支部研究発表会において、2017年度北海道雪氷賞表彰式が行われ、「北の風花賞」を受賞した呉廸さん(H29修士修了)が表彰されました。おめでとうございます。授賞式の様子はこちらです。

2018.05.07 [研究] 8th International GEWEX Scientific Conferenceにおいて、研究成果「Investigating a possible contribution of land surface processes on extreme hot evevt in Northeast Eurasia in recent summer」を発表しました。

2018.04.27 [研究] PARE programの特別聴講生として半年間滞在していたChapagain Kamalさんの論文が、雑誌「Energies」に掲載されました。発表論文はこちらです。気象要素と電力需要の関係に関する研究です。

2018.04.09 [お知らせ] 環境起学専攻の田村健太さん(博士1年)、Kevin Ray E. Lucasさん(修士1年)、地球圏科学専攻の松下侑未さん(博士1年)が研究室メンバーに加わりました。

2018.04.06 [お知らせ] 国際協力機構JICAウェブサイト「帰国後の奨学生を紹介する企画(ABEイニシアティブ教育人材のJICAプロジェクトにおける活躍)」において、Kariukiさん(H28修士修了)の紹介がありました。Kariukiさんは、 JICAのABE イニシアティブプログラムで2年間修士課程に滞在していました。
Kariukiさんの記事は こちらです。

2018.04.02 [お知らせ] 北大道新アカデミー 理系講座「地球環境の今―陸、海、空から」において講義を行います。
テーマは「気象と自然環境、社会」(4月12日)、「北海道の気候―現在・過去・未来」(4月26日)です。

2018.03.31 [研究] Anowarul ISLAMさんが、International Conference on Natural Science and Technology(ICNST'18)において、研究成果「Impacts of Precipitation to the Variability of Extreme Sea Levels along the Coast of Bangladesh」を発表しました。

2018.03.22 [お知らせ] 今年度は修士過程の学生が3名(3月卒業が2名, 9月卒業が1名)修了しました。 3月の学位記授与式後の写真はこちらです。

2018.02.22 [活動] 修論発表の打ち上げを焼肉屋さんで開催しました。修士2年の呉さん、松下さん、お疲れさまでした! 当日の写真はこちらです。

2018.02.16 [お知らせ] 松下侑未さんの写真が、環境科学院写真コンテスト2017において「優秀賞」に選ばれました。おめでとうございます。タイトルは「雪中松柏」、トマムに設置してある気象観測測器のメンテナンス中のひとコマを撮影した写真です。受賞作品はこちらです。

2017.12.14 [お知らせ] 学術雑誌「atmosphere」(ISSN 2073-4433)において、特集号「Regional Climate Modeling」の投稿論文を募集しています。
キーワードは、
  • dynamical downscaling
  • regional climate change
  • atmosphere-land interaction
  • atmosphere-ocean interaction
  • mesoscale meteorological modeling
応募締切は2018年9月30日です。皆様の投稿、お待ちしています。詳しい情報はこちらです。

2017.12.12 [研究] 松下侑未さんが、日本気象学会北海道支部第2回研究発表会において、研究成果「北海道周辺における台風通過頻度の将来変化に関する要因解析」を発表しました。

2017.11.14 [研究] 呉廸さんが、日本雪氷学会北海道支部主催の2017年度北海道雪氷賞において、「北の風花賞」を受賞しました。おめでとうございます。受賞論文と選考理由はこちらに掲載されています。

2017.11.02 [研究] 中村哲さんが、日本気象学会2017年度秋季大会シンポジウム「北極域」において、「北極−中緯度気候結合における成層圏過程」と題して招待講演を行いました。

2017.10.31 [研究] 日本気象学会2017年度秋季大会が北海道大学にて開催され、研究成果を発表しました。
  • Enkhbat Erdenebat「Intense soil moisture-atmosphere feedback during high temperature event in 2002 in Northeast Eurasia」
  • 初塚大輔「アンサンブル気候予測データを用いた日本周辺における月降水量極端事象の将来変化」
  • 松下侑未「アンサンブル気候予測データを用いた日本周辺における台風通過頻度の将来変化に関する要因解析」

2017.10.23 [研究] Enkhbat Erdenebatさんが、Asian Conference on Meteorology 2017において、研究成果「Soil moisture-atmosphere feedback enhances temperature during 2002 heat wave event in Northeast Eurasia」を発表しました。

2017.10.12 [お知らせ] 10月29日(日)北海道大学学術交流会館において、第48回メソ気象研究会・気象災害委員会研究会(入場無料)が開催されます。テーマは「2016年に東北・北海道へ上陸した台風とその気候学的意味」です。ご興味のある方は是非お越しください。詳細はこちらです。

2017.09.29 [お知らせ] 研究生のKevin Ray E. Lucasさんが研究室メンバーに加わりました。

2017.09.25 [お知らせ] 環境起学専攻修士課程2年Pradanaさんが修了しました。送別会の写真はこちらです。

2017.09.24 [研究] Kariukiさん(H28修士修了)が修士論文研究で行った人工衛星データを用いた太陽光発電ポテンシャルの変動性に関する研究がRenewable Energy誌に受理されました。おめでとうございます。Kariukiさんは、国際協力機構JICAのABE initiativeプログラムで2年間修士課程に滞在していました。

2017.08.09 [研究] AOGS 14th Annual Meeting において、Enkhbat Erdenebatさんが、研究成果「Influence of the different planetary waves triggering heat waves in Northeastern Eurasia in the summer of 2002」、Chinh Huu Taさんが研究成果「Tropical cyclone activities over the Western North Pacific during El Nino and La Nina events simulated by an axis-symmetric model」を発表しました。

2017.07.24 [お知らせ] 地球圏科学専攻修士1年の落合さん、寺村さん、樋口さんが研究室メンバーに加わりました。

2017.07.24 [研究] 初塚大輔さんが日本気象学会第一回北海道支部研究発表会において、研究成果「アンサンブル気候予測データを用いた日本周辺の月降水量極端事象の将来変化」を発表しました。

2017.07.07 [研究] 国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)藤田実季子技術研究員との共同研究成果「気温上昇で急激に増加する水蒸気量―降水がより激しくなる可能性を指摘― 」が、Scientific Reportsに掲載され、プレスリリースを行いました。


2017.07.03 [研究] PARE programの特別聴講生として半年間滞在していたChapagain Kamalさんが、プーケットで開催されたThe 14th International conference on Electrical Engineering/Electronics Computer, Telecommunications and Information Technologyにおいて、最優秀研究賞を受賞しました。発表タイトルは、"Performance analysis of short term electricity demand with meteorological parameters"です。受賞の様子はこちら。




過去のニュース, HOMEへ戻る




所属: 北海道大学 大学院地球環境科学研究院 統合環境科学部門 自然環境保全分野
教育 大学院環境科学院
(主担当): 環境起学専攻 人間・生態システムコース
(副担当): 地球圏科学専攻 大気海洋物理学・気候力学コース
連絡先: 〒060-0810 札幌市北区北10条西5丁目 北海道大学 大学院・地球環境科学研究院(環境科学院) B棟304室 佐藤友徳
Email: