北海道の気象や気候を研究しませんか?
自然が豊かな北海道では,未解明な大気現象(気象)がたくさん残されています。我々の研究室では北海道の気象や気候およびそれに関わる様々な自然現象や社会との関わりを研究することが可能です。これは,学生の研究テーマとしてだけではなく,研究プロジェクトの一環として北大内や北海道内,日本国内の様々な研究者とともに,北海道の日々の天気や地球温暖化の予測研究に取り組んでいます。また,北海道内での気象観測や気象予報システムなど研究基盤も整いつつあります。北海道の社会と気象の関わりなど実用的なテーマもあります。平成26年に当時の活動をまとめたポスターがありますので,参考にどうぞ [紹介ポスター(北海道関連)](10MB)

北海道の大学なので,北海道の気象や気候を重点的に研究していますが,世界のほかの地域でも面白い研究ができるはずです。外国人留学生は自分の国を研究しても良いでしょう。 英語ページも参考にしてください。

これまでに行った,あるいは進行中の研究は以下の通りです。
北海道の夏の気候の長期変化傾向
開拓に伴う過去の土地利用改変が気候に与える影響
北海道における高気温事例の季節性に関する統計解析
釧路における霧日数の長期変化傾向とそのメカニズム
地球温暖化による北海道の冬の気候の変化
気候変動に伴う雪質の変化と雪崩危険度の予測手法の開発
オホーツク海の海氷が北海道に気象に与える影響
気温上昇による石狩川の河川流量の変化についてのモデリング
冷害影響を考慮した北海道のコメ収量モデルの開発


参考
北海道の気候変化と開拓史(土地利用変化) --> 「細氷」の解説
北海道の気候変動予測研究(地球温暖化) --> 「北海道の農業気象」の解説
札幌の歴史的な都市化とヒートアイランド --> プレスリリース「札幌の都市化が気温の長期変化に及ぼす影響の評価」
積雪を考慮した札幌のヒートアイランドのモデル化, 除雪等の雪面操作とヒートアイランドの関係 --> Mori and Sato (2015)のgraphical abstract