大気海洋物理学・気候力学コース担当教員一覧

ここに掲載しているのは、各教員による簡単な研究内容の紹介です。より詳しいことは、名前をクリックして各研究室・教員のページを御覧ください。M1向け資料「指導教員の決定について」のページにも各教員の研究に関する情報があります。

江淵直人
(教授)
大気−海洋相互作用の諸現象のメカニズムを理解することを目的として,人工衛星に搭載されたマイクロ波散乱計・高度計などのセンサーによって観測された海上風,海面高度,波浪などのデータを用いて海面付近の大気および海洋の時空間変動に関する研究を行っている。
大島慶一郎
(教授)
今まで理解が不十分であった南極及びオホーツク海の海洋循環を明らかにしていくこと、海氷と海洋をカップルした一つの系として理解すること、などを主なテーマとしている。研究手法は観測と理論で、両方を有機的につなげるような研究をめざす。
久保川 厚
(教授)
海洋に生起する様々な現象のメカニズムを理解するために、非線形波動論等を援用しつつ、理想化された問題設定の下での理論的・数値的研究を行なう。現在、不安定な海流の非線形発展の問題と海洋大循環の構造に関する問題を扱っている。
谷本 陽一
(教授)
気候変動に対し海洋が果たす役割の重要性は,大気に比べて莫大な熱容量を持つこと,より長い時間スケールの循環過程を内在すること,などから認識されています.しかし,海洋から大気へのインパクトは時空間的に一様ではありません.熱交換の立場から大気海洋相互作用が海盆規模においてどのような過程で生じているかを知ることが不可欠と思われます.一方,温室効果ガスのよるものとされている全球平均気温の上昇は必ずしも単調増加ではなく,数年から数十年のさまざまな自然変動の時間スケールの存在を示唆しています.
 そこで,観測資料から大気海洋結合系の実態を解明することを目指し,海洋表層の熱的状態を反映する海面水温や表層水温,実際の大気海洋間の交換量である運動量・熱フラックスなどの変動場の時空間特性を明らかにする研究を行ってきました.今後は,数値モデリングあるいはProxyデータを用いた研究との接点も見いだしながら,今までの研究を発展したいと思っています.
長谷部 文雄
(教授)
オゾン等の大気微量成分のグローバルな変動の理解を目的とし、衛星及びゾンデ観測データを用いて物質輸送の観点から大気大循環に関する研究を行ってきた。衛星観測と地上観測、データ解析と数値モデル等、最適な手法を状況に応じて選択し、大気中の物質循環の総合的理解を目指す。
三寺史夫
(教授)
黒潮・親潮、南極周極流などの強い海流やオホーツク海を含む亜寒帯循環系の変動は気候変動・物質循環・漁業環境に大きな影響を及ぼすと考えられている。このような海流や海洋大循環のプロセスを、地球流体力学の理論、渦を分解する高解像度数値モデル、データ同化を用いて研究している。
渡辺力
(教授)
太陽からくる日射のエネルギーは一旦地表面(陸面、海面)に吸収され、その後、地表面に接する大気層である大気境界層を通して大気に伝えられることにより、様々な大気現象や気候現象を引き起こす原因になっています。中でも、陸面には、砂漠、植生、雪氷、都市など性質の大きく異なる被覆物が混在していて、大気に及ぼす影響も複雑多様です。逆に、気候変動などの影響により、陸面における被覆物の性質や地理的分布は常に変動しています。こうした大気−陸面間の相互作用過程を包括的に理解することが研究の目的で す。そのため、大気物理の他に、植物や土壌、雪氷に関する研究も視野に入れながらとり組んでいます。視野の広がる研究を一緒に楽しんでみませんか?
青木 茂
(准教授)
極域における海洋変動と気候変動。現場観測・衛星観測を中心にして、主に 南大洋における大規模海洋変動や水塊特性の長期変動を調べ、大気・雪氷圏と の間の水や熱・運動量の収支やそれらの変動の相互関係について研究している。
佐藤友徳
(准教授)
局地スケール(局地風)から大陸スケール(モンスーン)の気象を対象として、風や降水の振る舞いを研究している。特に大気と陸面の相互作用に興味を持っており、データ解析および数値モデリングを通じて、気候システムの理解を目指す。また、ダウンスケール手法を利用した気象の応用研究にも関心があり、人間活動と気候変動の双方向の影響についての展開を考えている。
深町 康
(准教授)
南極海やオホーツク海などの季節的に海氷が存在する海域において現場観測を実施し、そこで得られた海洋や海氷データの解析に基づき、海氷の存在が海洋の循環や海水の性質にどのような影響を与えるかについて研究している。
藤原 正智
(准教授)
力学、放射学、光化学等諸過程の結合系である地球大気の総合理解を目指し、具体的には、赤道波動に伴う成層圏対流圏大気交換過程、水蒸気変動の地球放射収支への役割、熱帯対流圏オゾン変動とバイオマス燃焼との関係などを研究している。観測、データ解析、測定器開発、数値実験と、問題や状況に応じて手法を選択している。
堀之内 武
(准教授)
全球から大陸・海盆規模の気候と気象を、力学的な視点で研究します。 そのため、計算機の中で気象現象を引き起こし、気候を「作って」解析します。 また、観測(的)データもしっかり解析して自然をみつめます。 あわせて、過去・現在・未来の気候・気象システムを診断することを目指しています。
吉森 正和
(准教授)
地球全体の大気や海洋の流れを表現する全球気候モデルを主な研究道具として、過去の古い時代から遠い将来にわたる気候変動の整合する理解と将来予測の評価を目標としています。個々のプロセスに着目するというよりは、システムという視点に立って物理プロセス間の相互作用に注目し、現象のメカニズム理解を目指します。最近の北極温暖化のメカニズムや古気候の研究を主に行っています。
中村知裕
(講師)
環オホーツク地域における大気−海洋−海氷−陸面の相互作用について、メカニズムや役割を明らかにしていくことを目指している。またこれまでテーマとしてきた、千島列島域の潮汐過程と(潮汐による平均流・内部重力波の生成など)それが北大平洋中層の水塊構造・循環に与える影響にも関心がある。
川島正行
(助教)
極域海洋上では、環境に応じて様々な形態の降雪雲が発達する。数値実験やドップラーレーダなどの観測データの解析を通じて、降雪雲の構造と組織化のメカニズム、海洋との相互作用についての理解を目指す。
豊田威信
(助教)
季節海氷域は大気ー海洋ー海氷の相互作用が特に顕著であり、気候変化に伴う海氷域の消長の鍵を握ると考えられる。そこで、季節海氷域の特に成長過程に着目して海氷サンプリング観測や実験からその性質を調べている。成長過程をうまくパラメタライズする方法を模索している。
松村 義正
(助教)
海洋では様々な時空間スケールの諸現象が互いに相互作用している。特に観測が困難な微小スケールプロセスの定量的な理解と、それが大規模な場に与える影響を評価することを目的に、数値シミュレーションを主体とする研究を行なっている。またそれを実現するための数値モデル開発にも取り組んでいる。
水田 元太
(助教)
海洋における大規模な循環を維持している力学的仕組みについて、簡略化した数値モデル等を用いて研究を行っている。これまでは特に深層の循環に対し理想化された海底地形が与える影響について理論的研究を行ってきた。また最近は観測的手法を用いた海洋循環の研究にも興味を持っている。