これまでの修士論文題目

 

修士論文

2016年度

 宮地友麻 太平洋の十年規模変動がインド洋に与える影響と温暖化による変化

 八田和奏 地球温暖化の停滞(ハイエイタス)と海面熱フラックスの長期変化との関係


2014年度

 谷平洋介  水温フロントが雲の形成に与える影響及び放射を介した海洋へのフィードバック


2013年度

 猪狩義貴  水温前線によって変調された海上風が海洋混合層へ与える影響

 吉村志穂  ENSOに伴うインド洋の対流活動と亜熱帯北西部太平洋の大気変動との関係


2012年度

 村中里衣  黒潮・黒潮続流上の大気境界層内における非地衡風成分の特徴


2009年度

 三木洋介  日本東方沖における総観規模擾乱に伴う大気境界層の変質に関する研究.


2008年度

 兼成智久  冬季西部北太平洋における水温フロントと下層大気との関係.


2005 年度

 高垣吾朗 領域大気モデルを用いた黒潮続流域の海面水温偏差に対する惑星境界層の変化についての研究.

 甲斐浩平 夏季黒潮続流域における大気下層の鉛直構造と下層雲形成に関する研究.

2003年度

 梶谷卓志 アメリカ大陸熱帯域における降水活動の季節特性.

2001年度

 遊佐稔   海面水温アノマリの年々変動と再帰過程の関連性.

 時長宏樹 インド洋ダイポール現象と熱帯太平洋大気海洋変動との季節的な関係.

 近本喜光 熱帯太平洋海面水温変動に対する大西洋大気海洋結合系の応答.


谷本研究室ホームページ(Welcome)に戻る

連絡先 谷本 陽一(教授)

北海道大学大学院・環境科学院・大気海洋物理学・気候力学コース(地球圏科学専攻)

060-0810 札幌市北区北 10条西5丁目

電話:(011) 706-2374 Fax: (011) 706-4865 email :