参画プロジェクト

現在のプロジェクト

古気候:氷床・海洋・大気の相互作用


期間: H29-H33
資金制度: 科研費,基盤研究S
研究課題名: 「過去の大規模な気候変動における氷床・海洋・大気の相互作用の解明」
課題代表者: 阿部 彩子(東京大学)
役割: 研究分担者
科研費ページ

南極周辺の気候変動


期間: H29-H33
資金制度: 科研費,新学術領域研究
研究課題名: 「熱ー水ー物質の巨大リザーバ 全球環境変動を駆動する南大洋・南極氷床」
課題代表者: 川村 賢二(国立極地研究所)
役割: 研究分担者
ホームページ

北極研究ArCS


期間: H27-現在
資金制度: 文部科学省
研究課題名: 北極研究推進プロジェクト(ArCS)
課題代表者: 羽角 博康(海洋研究開発機構)
役割: 研究協力者
ホームページ

統合プロジェクト


期間: H29-現在
資金制度: 文部科学省
研究課題名: 「統合的気候モデル高度化研究プログラム」領域テーマA: 全球規模の気候変動予測と基盤的モデル開発,サブ課題
課題代表者: 渡部 雅浩(テーマ代表者,東京大学)
役割: 研究協力者
ホームページ

過去のプロジェクト

将来予測:中・高緯度から熱帯へのテレコネクション


期間: H27-H29
資金制度: 科研費,基盤研究C
研究課題名: 「将来の気候変動における熱帯外から熱帯へのテレコネクションメカニズムの解明」
課題代表者: 吉森 正和(北海道大学)
役割: 研究代表者
ホームページ 科研費ページ

推進費S10


期間: H24-H28
資金制度: 環境省 環境研究総合推進費
研究課題名: 「地球規模の気候変動リスク管理戦略の構築に関する総合的研究」,S-10-3クリティカルな気候変動リスクの分析に関する研究(4)寒冷圏を中心とした気候変動リスクの特性評価と地球物理学的臨界現象の総括
課題代表者: 阿部 彩子(東京大学大気海洋研究所)
役割: 研究協力者(H24-H25:特任助教)
ホームページ

創生プロジェクト


期間: H24-H28
資金制度: 文部科学省
研究課題名: 「気候変動リスク情報創生プログラム」,テーマA: 直面する地球環境変動の予測と診断,サブ課題b1: 気候感度に関する不確実性の低減化
課題代表者: 木本昌秀(テーマ代表者,東京大学),小倉知夫(サブ課題b1代表者,国立環境研究所)
役割: 研究協力者
ホームページ

北極研究GRENE


期間: H23-H27
資金制度: 文部科学省,グリーン・ネットワーク・オブ・エクセレンス(GRENE)事業,北極気候変動分野
研究課題名: 「急変する北極気候システム及びその全球的な影響の総合的解明」
研究課題(1)「北極気候再現性検証および北極気候変動・変化のメカニズム解析に基づく全球気候モデルの高度化・精緻化」
課題代表者: 野沢 徹(岡山大学)
役割: 研究協力者(H23-H25)、研究分担者(H26-H27)
ホームページ

古気候:氷期の急激な気候変動


期間: H25-H27
資金制度: 科研費,基盤研究A
研究課題名: 「地球システムモデリングによる急激な気候変動と氷期サイクルとの相互作用の解明」
課題代表者: 阿部 彩子(東京大学大気海洋研究所)
役割: 研究分担者(H26-H27)
科研費ページ

将来予測:大西洋子午面循環


期間: 2013.09-2016.08
資金制度: National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA), ESS
研究課題名: Atlantic Meridional Overturning Circulation (AMOC)–Mechanisms and Decadal Predictability
課題代表者: Andreas Schmittner(Oregon State University, USA)
役割: Collaborator
ホームページ

古気候:氷期・間氷期サイクル


期間: H21-H26
資金制度: 科学研究費補助金(若手研究S)
研究課題名: 南極氷床コア分析と気候モデリングに基づく氷期・間氷期の変動メカニズムの解明
課題代表者: 川村 賢二(国立極地研究所)
役割: 研究協力者
ホームページ

日仏共同研究


期間: H21-H22
資金制度: 二国間交流事業
研究課題名: 過去から将来にかけての氷床の大融解と気候変化に関する研究
課題代表者: 阿部 彩子(東京大学大気海洋研究所)・Gilles Ramstein(フランス)
役割: 日本側参加者
科研費ページ

推進費S5


期間: H19-H23
資金制度: 環境省 地球環境研究総合推進費
研究課題名: S-5-1(5)気候変動シナリオに基づく極域・海面上昇の未来像の抽出
課題代表者: 阿部 彩子(東京大学大気海洋研究所)
役割: 研究協力者(特任研究員,特任助教)
ホームページ

Rutgers


期間: 2005-2007
資金制度: NOAA
研究課題名: Evaluation of Fingerprints of Natural and Anthropogenic Climate Change
課題代表者: Anthony J. Broccoli(Rutgers, The State University of New Jersey, USA)
役割: ポスドク

Bern


期間: 2002-2004
資金制度: Swiss National Science Foundation, National Centre of Competence in Research Climate (NCCR Climate)
研究課題名: Past Climate Variability (Work Package 1), MONALISA: Modelling and Reconstruction of the North Atlantic-Climate System Variability
課題代表者: Thomas F. Stocker(University of Bern, Switzerland)
役割: ポスドク

Victoria


期間: 1997-2001
資金制度: The Climate System History and Dynamics (CSHD) Program
研究課題名: Paleoclimatic experiments using coupled atmosphere ocean models
課題代表者: Andrew J. Weaver(University of Victoria, BC, Canada)
役割: PhD