研究報告および著書

1. Tokioka, T., K. Yamazaki, I. Yagai and A. Kitoh, 1984:A Description of the MRI Atmospheric General Circulation Model (The MRI GCM-I). Tech. Report Meteor. Res. Inst. 13, 249pp.

2. Yamazaki, K., 1985: Wave-mean flow interaction during the winter to summer transition in the southern hemisphere stratosphere. Middle Atmosphere Program HANDBOOK FOR MAP Vol. 18, Ed. Kato, 121-125.

3. Tokioka, T., K. Yamazaki and A. Kitoh, 1986: Mean Statistics of the Tropospheric MRI GCM-I Based on 12-Year Integration. Tech. Report Meteor. Res. Inst. 20, 314pp.

4. Mechoso, C. R., M. J. Suarez, K. Yamazaki, A. Kitoh and A. Arakawa, 1986: Numerical Forecasts of Tropospheric and Stratospheric Event during the Winter of 1979: Sensitivity to the Model's Horizontal Resolution and Vertical Extent. Advance in Geophysics Vol. 29 "Anomalous Atmospheric Flows and Blocking", Academic Press, 375-413.

5. Yamazaki, K. and I. Yagai, 1989: El Nino and Ozone. Ozone in the Atmosphere. Proceedings of the Quadrennial Ozone Symposium 1988 and Tropospheric Ozone Workshop. Goettingen, Federal Republic of Germany 4-13 August 1988. Eds. R. D. Bojkov and R. Fabian, A. DEEPAK Publishing, 88-90.

6. Kodera, K. and K. Yamazaki, 1990: A Possible Influence of Sea Surface Temperature Variation on the Recent Development of Ozone Hole. Dynamics, Transport and Photochemistry in the Middle Atmosphere of the Southern Hemisphere, A.O'Neill(ed.), Kluwer Academic Publishers, 149-158.

7. Yamazaki, K., 1994: Moisture budget in the Antarctic atmosphere. Snow and Ice Covers: Interactions with the Atmosphere and Ecosystems, H.G. Jones, T.D. Davies, A. Ohmura and E.M.Morris (Eds.), IAHS Publication No. 223, 61-67.

8. 日本気象学会編「新 教養の気象学」 朝倉書店,1998年5月, pp144, (9章を執筆)

9. 山崎孝治, 2001: 北極振動とは何か. 「天気」, 48, 426-427.

10. 原田平, 鈴木栄二, 山崎孝治, 木村龍治, 近藤純正, 松野太郎, 2001: 人為アルベドに関する研究(I) -宇宙空間への反射材展開時の温暖化抑制効果と気象に及ぼす影響-, エネルギー・資源学会 第20回研究発表会論文集, 107-112.

11. 原田平, 鈴木栄二, 中西幹郎,木村龍治, 山崎孝治, 近藤純正, 松野太郎, 2001: 人為アルベドに関する研究(II) -砂漠への太陽電池大規模展開により誘起される局地気象変化予想-, エネルギー・資源学会 第20回研究発表会論文集, 113-118.

12. Yamazaki, K., 2001: The Arctic Oscillation and Polar Night Jet Oscillation seen in a Perpetual February Simulation. Tohoku Geophys. Journ. (Sci. Rep. Tohoku Univ. Ser. 5), 36, 194-195.

13. Hatsushika, H., K. Yamazaki and Y.-W. Kim, 2001: Long-range Transport of Gaseous and Particulate Materials by Forest Fire. Tohoku Geophys. Journ. (Sci. Rep. Tohoku Univ. Ser. 5), 36, No.2, 233-237.

14. Yamazaki, K., A. Ogasawara, R. Nakazawa, and H. Mukougawa, 2003: The role of large-scale topography in the Northern Hemisphere Annular Mode. (Extended Abstract), Tohoku Geophys. Journ. (Sci. Rep. Tohoku Univ. Ser. 5), 36, No.4, 510-513.

15. 山崎孝治、小木雅世、立花義裕、2004:北半球環状モードの季節変化、月刊海洋「モンスーンと東アジア -季節サイクルとその変動-」, Vol.36, No.4, 319-322.

16. 小木雅世、山崎孝治、立花義裕、2004:冬季北大西洋振動(NAO)の夏季大気循環への影響と太陽周期による変調、月刊海洋「モンスーンと東アジア -季節サイクルとその変動-」, Vol.36, No.4, 323-327.

17. 山崎孝治, 2004:「北極振動」、南極・北極の百科事典(国立極地研究所編集)、 丸善、459-460.

18. 山崎孝治,2004:気象研究ノート第206号「北極振動」、日本気象学会、pp181 (編集と第1章執筆)
(c)Copyright 日本気象学会  pdf files
(これは、原稿集であって、印刷されたものと同じでは必ずしもありません。)

19. Yamazaki, K., M. Ogi, and Y. Tachibana, 2004: The summertime annular mode in the Northern Hemisphere, Proceeding of the 5th International Workshop on Global Change: Connection to the Arctic (GCCA5), 15-16 November, 2004, Tsukuba, 14-17.

20. 山附F治、2004:「コンピュータでさぐる物質の流れ」、オゾンのゆくえ 気候変動とのかかわりをさぐる、第18回「大学と科学」公開シンポジウム講演収録集、クバプロ、70-79.

21. Hasebe, F. and 18 co-authors, 2005: Report on the 2nd International SOWER Meeting San Cristobal, Galapagos, Ecuador, 10-15 July 2004, SPARC Newsletter, No. 24, 21-26.

22. 中川憲一・山崎孝治, 2005:「成層圏突然昇温が対流圏に及ぼす影響の決定要因」,大気圏シンポジウム第19回、(独)宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部、117-119.

23. Fueglistaler, S., M. Bonazzola, H. Hatsushika, P. H. Haynes, T. Peter, H. Wernli, and K. Yamazaki, 2005: Tropical Troposphere-to-Stratosphere Transport: A Lagrangian Perspective, SPARC Newsletter No.25, 20-22.

24. 山崎孝治・小木雅世・立花義裕,2005:「北極振動と日本の夏」,天気,Vol.52, No.8, 604-607.

25. 山崎孝治,2005:「北極は"ゆらぐ" 北極振動が日本の気候に与える影響」,科学, Vol.75, No.10, 1168-1171,岩波書店.

26. 山崎孝治, 2005:「気候と雪氷圏(CliC)第1回国際会議参加報告、7.気候関連の話題」、天気,Vol.52, No.9, 53-54.

27. 山崎孝治・中川憲一, 2005:「どんな成層圏突然昇温が対流圏まで伝播するか」第3回「異常気象と長期変動」研究集会 平成17年度京都大学防災研究所特定共同研究集会(17-S3) 「気候変動のメカニズムと予測可能性」プロシーディング

28. 山崎孝治・小木雅世・立花義裕,2005: 気象研究ノート第210号 「2003年 日本の冷夏」、  日本気象学会、(楠昌司編集)、p199 (第11章 「北極振動と日本の夏」、137-144, 執筆)

29. 山崎孝治, 2007:「地球温暖化の科学」、北海道大学大学院環境科学院編、 北海道大学出版会、第5章の一部(79-99)執筆。

30. 山崎孝治, 2007:「北極振動と日本の気候」,低温科学,65, 13-19.

31. 山崎孝治, 2007:「地球温暖化の要因および実態と予想される気象変動」、畑で読む 北海道の農業気象, 監修 水島俊一、北海道協同組合通信社・ニューカントリー編集部、210-214.

32. 藤原正智・山崎孝治,2007:「成層圏対流圏結合」,「天気」,597-600.

33. 山崎孝治, 2008:「温暖化のメカニズムと予測」,北海道土壌肥料研究通信,54, 1-9.

34. 山崎孝治,2008:「北極圏から見た気候変動」,地学雑誌,117, 6.

35.山崎孝治・池田元美,2009:「持続可能な低炭素社会」、吉田文和・池田元美編、 北海道大学出版会、第2章(p.15-34)執筆。

36. 山崎孝治、2010:極圏・雪氷圏と地球環境、(遠藤邦彦・山川修治・藁谷哲也 編著)、   二宮書店、(IV-2 北極振動とユーラシアの気候変動、p199-219. 執筆)

37. Yamazaki, K. and M. Ikeda, 2010: "The Greenhouse Effect, Climate Change, and Impacts on Water Resourses", 13-30, Sustainable Low-Carbon Society, Editors: F. Yoshida and M. Ikeda, Hokkaido University, 202pp.

38. 山崎孝治・稲津将、2010:地球惑星科学入門(在田一則・竹下徹・見延庄士郎・渡部重十 編著)  第20章大気の運動の基礎、237-246. 第19章(地球大気の循環は稲津さんが主)。北海道大学出版会。

39. 山崎孝治・藤吉康志、2011:北極の気象と海氷、気象研究ノート第222号、(編集)、日本気象学会  171pp.

40. 山崎孝治、2016:「北極振動からみた気候変動」、気候の変動と影響・利用に関する事典、朝倉書店。(分担執筆)

41. 山崎孝治、2016:「北極振動」「成層圏対流圏結合」、低温環境の科学事典、朝倉書店。411pp.(分担執筆)

42. 大島和裕、山崎孝治、2017:「南極・北極域の水蒸気輸送過程」、南極氷床と大気物質循環・気候、気象研究ノート第233号(編集:平沢尚彦・山内恭)、p452、日本気象学会、37-50.


--- 2017.9.20. ---

[ Back ]