研究活動・興味

(藤原 正智)

私は大学院生時代から現在まで、インドネシアでのオゾンゾンデ定常観測に 継続的に取り組んでいます。 観測データの再処理・品質管理を地道におこなってきています。 院生時代には、こうして得られたデータにもとづいて、 エルニーニョに伴う大森林火災により対流圏オゾンが増大する広域大気汚染問題、 および、赤道ケルビン波という熱帯特有の大気波動にともなう成層圏オゾンの 対流圏への輸送過程について研究しました。 ここから、「熱帯対流圏界面領域の大気科学過程」と「気候変動の観測」 というふたつの大きな研究テーマを得て、その後発展させてきています。

「熱帯対流圏界面領域の大気科学過程」については、主に SOWER という日本主導の国際プロジェクトの枠組の中で、オゾン、水蒸気、雲粒子、 気温、風、乱流等の現場観測をおこないながら、理解を深めてきました。 また、様々な全球気候モデルも利用してきています。 現在は「測定」という地球科学の原点に立ち返って、 水蒸気と雲粒子の新しい測定器の開発に力を入れています。 熱帯対流圏界面領域は、対流圏の大気が成層圏へ入る主要なルートであり、 成層圏大気の初期条件を決める大事な領域です。また、熱帯気象学とも密接な 関係をもった領域です。大気科学の全要素(力学、輸送、光化学、微物理、放射) が絡み合った難しくてとても面白い領域です。

「気候変動の観測」については、上述した新しい測定器開発をおこなうとともに、 ふたつの国際的な観測ネットワーク (南半球オゾンゾンデ観測網 SHADOZ、 GCOS基準高層観測網 GRUAN) の主要メンバーのひとりとして活動してきています。 上空大気の気候変動を正しく測定することは技術的にも国際情勢的にも容易なこと ではなく、世界の多くの人達の献身的な努力が必要です。 また、数年前から、国際的な再解析データ比較プロジェクト (S-RIP)を 提案・開始しています。 世界のいくつかの気象機関が提供している再解析データは、 重要な気候データセットのひとつとして気候変動の理解に 広く利用されていますが、これまで系統だった比較検証はあまり おこなわれてきていませんでした。 S-RIPでは、特に成層圏の各種過程に関わる診断量を中心として (ただし対流圏・地表との相互作用現象も含みます)、 世界各地の研究者と再解析センターの人達と共同で比較検証をおこないます。

そもそも私が地球科学に興味を持ったきっかけには、小学生の頃の原体験が あります。近所の裏山や原っぱを探検したり東京近郊の山歩きをしたりした 際に見て感じた「自然」が原風景としてあります。 高校卒業・大学進学の頃(1990年前後)には森林破壊、オゾン層破壊、 温暖化などの「地球環境問題」が話題となっていました。 大学時代にはワンゲルで山登りに明け暮れました。 このような体験の積み重ねにより、地球科学のある分野のあるテーマに 深く取り組むことによって、人と自然、人と環境との関係性について よく理解したい、と考えるようになりました。 現在、大学・大学院で、地学・地球惑星科学や気象学・大気科学の講義を していますが、これは、自分なりに「諸問題」の“全体像”の整理と理解を 目指すのに非常によい機会となっています。 最近は、気候工学(ジオエンジニアリング)という古くて新しいやっかいな アイデアについても、少しずつ自身の頭を整理しています。 人と自然との関係性を考える上でとてもよい題材です。

北海道大学の大学院環境科学院・地球圏科学専攻・ 大気海洋物理学・気候力学コース 理学部地球惑星科学科、 総合教育部で教えています。

Projects:
[home]